読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『君の名は。』すごく良かった

映画『君の名は。』 騙されたと思って見に行ってください。きっと、感動しますよ。 昨年度の国内外を問わずの大ヒットにも関わらず、見るタイミングを逃して見に行けてなかったので、お正月休みを利用して見てまいりましたが、とても良かったです。そりゃあ…

皆様、良いお年を

ブログを始めて一ヶ月半少し。 いよいよ年の瀬です。 年の瀬にふさわしく、だらだらと紅白を見つつ(SMAPはやはりサプライズもなしですね)、年越し蕎麦を食べています。 最近太りすぎてきてるので、この年越し蕎麦から始めて来年は自炊も心がけたいと思います…

映画「アメリカンビューティー」を見た感想

アメリカンビューティーというと、僕の中で真っ先に思い浮かぶのは赤いショートカクテルだ。 ワシントンのシンボルの赤い薔薇の品種、それがアメリカンビューティーというのだそうだが、それをイメージして作られたカクテルで、ブランデーとポートワインが決…

ネロ・ウルフがダイエットしてる??

ネロ・ウルフがダイエットしてる!ビール断ちしてる!家の外に出てジョギングしてる!信じられない! 『ネロ・ウルフの事件簿 アーチー・グッドウィン少佐編』 レックススタウト著 同人誌、でもパスティーシュでもなくて、御本人による第二次世界大戦中のネ…

韓国釜山 日本総領事館前に慰安婦像(少女像)設置

韓国釜山の日本総領事館前に慰安婦像(少女像)が設置されたとのこと。 韓国政府は、朴槿恵大統領と安倍首相との間でちょうど一年ほど前に結ばれた慰安婦合意の約束の履行を完全に反故にする気満々のようです。 this.kiji.is

『炎路を行く者』 上橋菜穂子著 感想 

上橋菜穂子さんの代表的シリーズ『精霊の守り人』『旅人』シリーズの外伝的作品が文庫にて登場いたしました。 本編のスピンオフということで、中編と短編が一本ずつ。ヒュウゴの少年時代と、バルサのこれも少女時代のお話となっています。 ヒュウゴ(シリーズ…

『ネロ・ウルフの事件簿 アーチー・グッドウィン少佐編』 レックス・スタウト著

ようやくと入手いたしました。 究極の安楽椅子探偵、ネロ・ウルフが主人公のミステリー。 日本では未翻訳だった作品がハードカバーで出ております。 グッドウィン君好きとしては、彼が凛々しく軍服を着てる図を思い浮かべるだけでも、ワクワクしてきます。 …

『怪しい店』有栖川有栖著 感想

『怪しい店』有栖川有栖 犯罪学者と推理小説家が、警察と一緒に事件解明する火村&有栖のシリーズ文庫最新刊です。今回は、「お店」がテーマのアンソロジーで、様々なお店を舞台にした事件で二人が活躍します。骨董品屋を舞台にした編、古本屋を舞台にした短…

一風変わった恋愛ゾンビ映画 ウォーム・ボディーズ

先日テレビ放映されたのを録画していたので、ぼんやりと見てました。 クリスマスにふさわしいハートウォーミング? なゾンビ映画です。 ありがちな設定ですが、ゾンビが大量発生した未来。 ゾンビたちは人間の肉と脳を求めて徘徊し、一部の生き残った人間た…

『書楼弔堂 破暁』 京極夏彦著

御一新から二十年と少し。まだ江戸の地続きの明治だった頃、東京の郊外、周りには田んぼと畑しかないような鄙びた土地に、3階建ての巨大な本屋があった。まるで、灯台のような不思議な形で、窓というものがなく、知らない人は決して本屋とは思えないその本屋…

世界各地の緊迫ニュースの中、ケネディ駐日大使は恋ダンスを踊る(動画あり)

テレビは、韓国のニュースとASKAのニュースばかりで食傷気味です。この二つよりは、ドイツのクリスマスマーケットに突っ込んだトラックテロ(いよいよIS・イスラム国が犯行声明を出しましたね)の話、あるいはフィリピンのドゥテルテ大統領がまたまた過去の殺…

『ブラックナイトパレード1』 中村光著 感想

クリスマスイブの夜、黒いサンタにスカウトされた青年が主人公のギャグ漫画。 欧州で伝承の残る黒いサンタ。彼らには、日本人にもお馴染みの赤いサンタクロース、いわゆるサンタクロースと違い、悪い子の元へプレゼントを届けるという伝承がある。昔は、石炭…

シンシアリー氏の帰化?に思う

現在、韓国に住まいする韓国人であると同時に、日本語が堪能で下のブログのブログ主であったシンシアリー氏。 彼が、どうやら日本に帰化もしくは日本に生活の基盤を移す事を決意したようだ。印鑑を購入し、日本での家を買い、韓国で経営する歯科医院を手放す…

ドラゴンクエスト 11 最新映像

個人的には、ファイナルファンタジーよりもドラゴンクエストの方が好きです。 FF7は別格的に好きなので例外ですが、他はドラクエ。 やり込み派ではないので、のんびりゆっくり自分のペースでできるドラクエのほうが好きなので、このトレーラー映像にワクワ…

『身体巡礼』養老孟司著 感想

『身体巡礼』養老孟司著 読書の楽しみの一つには、自分が知らないことを知る、ということがある。文化、習俗、技術、思想、歴史、世界。どんなものであれ、自分が知らないことを知ることは程度の差こそあれ、興味が湧くし面白みを感じる。勿論、物語も好きで…

村上春樹風PPAP

村上春樹風のPPAP。 話題になってるので読んでみたが、村上春樹ファン的には苦笑するほかない。村上春樹の算数の問題、村上春樹のスパゲッティなどこのシリーズ好きです。 ピコ太郎、パイナッポーパン、ジャスティン・ビーバーなんかのワードを入れつつきち…

『福家警部補の報告』 大倉崇裕著

一時、テレビでは女性刑事ものが流行った。 篠原涼子の『アンフェア』を筆頭に様々なものが現れた。中には、そういうブームの昔からずっとシリーズ放映されている沢口靖子の『科捜研の女』のような変化球もあったが、概して、気風のいい男勝りのタフネスと美…

『乙読語り9巻』森薫著 逃げ恥以上に胸キュンのパリヤ篇

中央アジアを舞台に、幾人かのお嫁さん(候補含む)を中心とした物語もはや九巻。この巻は、前作に引き続きパリヤ篇です。最初の登場時には、男性のみならず人と喋るのが苦手で、編み物や縫い物も苦手、ちょっと怒りっぽいという性格も含めて一番お嫁さん物語…

釜炊きご飯と、下衆過ぎるオバさん達。60分三本勝負デスマッチ。

昨日の晩御飯は日本橋三越そばのコレド室町にある某お店でした。 仕事帰り、ホテルへ戻る途中ちふらりと立ち寄ってみたのは、「注文してから炊き上げる釜炊きご飯を楽しむ、お米が中心のお店」というキャッチコピーに釣られたからです。 ご飯を楽しむお店。…

逃げ恥、、あれはあかんやろ

『逃げるは恥だが役に立つ』、例によって昨日も仕事の合間に見てましたが、いやぁ、あのプロポーズは流石にありませんですよねぇ。 プロポーズにやはりロマンは必要です。 ヒラマサさんに悪意が全くないのはわかるんですけれどね、まぁ、新垣結衣、じゃない…

アイリスオーヤマの電気炊飯器を買うかどうしようか

カレーを食べるのに、ごはんを炊いてみたが、ここ数回、どうもご飯が柔らかく炊きあがる。意図的に水の量をずいぶん少なくしてみたが、やはり柔らかい。 ご飯の米粒は少し硬めが好きなので、これは困った。柔らかいお米でカレーは避けたいし、卵かけご飯は絶…

『波よ聞いてくれ』3巻 沙村広明 会話の面白さも話の流れもツボ

著者曰く「無軌道オカルトカレーラジオ漫画」というカテゴリのこの漫画。純愛恋愛漫画には背を向けて、著者の思う面白いを徹底的に追求していっている感じが凄くいいですね。個人的には見事なまでにツボにはまっていて、好きでたまりません。カレー屋のアル…

韓国人は祟りを怖れないのか、宗教的禁忌はないのか?

韓国人のチョンスンホなる人物が稲荷神社で狐像を壊し逮捕されたというニュース。 福島県で逮捕された彼は、訪問先付近の神社仏閣に片っ端から侵入し、周辺の仏像・地蔵像・狐像などを100体以上も破壊していたというのだが、、この種のニュースでいつも気に…

日本がアメリカを統治する世界でのミステリー 『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』ピーター・トライアス著

『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』ピーター・トライアス著 第二次世界大戦で、日本とドイツが勝利したとしたら、というIFの世界の物語。フィリップ・K・ディックの『高い城の男』のような世界といえば分かりやすいでしょうか。 ただ、舞台設定がそ…

『進撃の巨人 21巻』壁の外、世界の成り立ち、巨人の秘密、すべての謎が暴かれる

『進撃の巨人21』 諌山創著 感想 激動の21巻、すべての伏線が回収され世界の謎が暴かれる! 長編になってしまった為、途中で物語から離れた方にも是非この巻は読んでいただきたい。今までの20巻で語られていた世界の謎の多くの影にあったものが明かされます。…

成宮寛貴、関西では相棒再放送やってる

フライデーの報道のせいで、芸能界引退を発表した成宮寛貴さん。テレビの報道では、CMも降板し、ドラマも降板し、「相棒」の再放送もなくなるなんて言われてましたが、なにげにテレビを見ていると相棒の再放送はしっかりと彼が出ていますね。 本当にシロだっ…

『グイン・サーガ140 ヤーンの虜』宵野ゆめ著 もろもろ感想 

グイン・サーガプロジェクトでの正伝続編の10冊目にあたり、今巻は宵野ゆめさん担当巻となる。栗本薫の絶筆である130巻で止まっていた物語が再び動き出してから、はや10巻。 スタート当時は、賛否両論が激しくあったようだが、ここまで続いたことでひとまず…

朴槿恵大統領 弾劾裁判確定

韓国の朴槿恵(パククネ)大統領への弾劾訴追案が国会で可決。正式に朴槿恵大統領は弾劾裁判に付されることが確定致しました。 これにより、朴槿恵大統領の大統領権限は即時停止。大統領の権限は全てなくなり、当然ながら、政治や外交なども全て行えなくなりま…

餅つき禁止、除夜の鐘禁止、保育園禁止、日本の情緒だとか譲り合いの精神とかはどこへ

今年は、除夜の鐘を中止するお寺さんが多いそうで。ニュースでも話題になったお寺もそうだけれども、他のお寺でも知らないうちにジワジワと中止になっているケースが多いとか。そして、その理由が地域住民による苦情やクレームの多さやその対処にリソースが…

空の上でパチリ

『いまさら翼といわれても』米澤穂信著

高校生が主人公の、日常の謎系の草分け的存在のシリーズ最新刊が出ております。 構成的には、今回も短編集で、折木奉太郎や千反田えるらを中心に据えたお話となります。牧歌的なお話や日常の中に混ぜ込まれる、割合とビターな読後感は、流石イヤミスの米澤さ…

ドラマ原作漫画『逃げるは恥だが役に立つ』

いやぁ、今日も面白かったしキュンキュンする甘酸っぱさが満載でしたね。 新垣結衣と星野源、それに石田ゆり子、みんないい! そんなわけで原作コミックに手を出してしまいました。もちろん、絵柄は違うんだけれど、原作もなかなかいいですよ。 逃げるは恥だ…

安倍首相 真珠湾に慰霊訪問

個人的には、良いと思います。 そして、この件については最近の安倍首相とオバマ大統領、トランプ次期大統領との関係を報じたニュースがひっくり返ったところが非常に興味深いです。 幾つかのマスコミ報道で見られた、「安倍トランプ会談に対して、オバマ大…

『物書同心居眠り紋蔵』佐藤雅美著 感想

先週末に『鬼平犯科帳』の最終回をテレビでやっておりましたが、なんというか時代の流れを感じさせる最終回でした。 実は私、意外にも、といってはなんですが時代劇も結構好きだったりします。また時代劇が好きですので、当然ながら時代小説、捕物帳の類も好…

唐突な打ち切りで物語は終わる。『葬送のリミット』篠房六郎著 感想

非常に期待していただけにとても残念な結末です。掲載誌を読んでいないので、店頭で第1巻を見つけてワクワクして即購入。面白いと思った。二巻目を読んだところではプロローグもプロローグ、まだまだ物語の導入だったが、設定の広がりにワクワクしていた。 …

『君の名は』中国公開初日だけで8億!

新海監督の映画『君の名は』がいよいよ中国で公開され、初日だけで8億円の興行成績をあげたそうです。 素直に凄いなぁと思いましたし、他の皆さん同様に、そりゃあハリウッドもボリウッドも中国市場を無視できないし、商業的には中国に寄り添った映画も増え…

ブログ開設1ヶ月 なんとか続いています 

皆さまこんばんは。ブログ開設1ヶ月、なんとか無事に三日坊主にならずにとびとびながら続けられております。カウンターの設置も無事に終わりましたところ、カウンターは4000弱。これはひとえに、ワールドトリガーの休載についての記事のおかげですね。それが…

『ワールドトリガー17』感想 葦原大介先生無理はなさらずに

ワールドトリガーの最新刊が本日発売された。しかし、普段と違って喜びは半ばしかない。というのも、この本を手に今手にとっている人はほぼみなさんご存知のように著者の葦原大介先生が、持病の悪化にともないここ数週間休載、本誌の編集部コメントを読む限…

僕の席でスヤスヤ寝てる貴方へ

あなたはどうして僕の席でスヤスヤ寝ているんだろう。 そこは、僕の席だ。 一瞬勘違いしたかと思ったけれど、ここは間違いなく僕の席だ。 なのに、どうしてあなたはそんなに無防備に眠り込んでしまっているのだろう。 僕はなんて言葉をかけたらいいのかわか…

旅先のホテルで、本を忘れてくることってないですか?

……やってしまいました。 旅先のホテルで、買ったばかりの読みかけの本を忘れてきてしまいました。 たまーーに、これ、やるんですが、皆さんはそんなことないですか。読み終わった本だったり漫画をもう一度読み返したりしないだろうし、荷物が重いからと意図…

「私の家では何も起こらない」恩田陸著 感想

さて、恩田陸である。恩田陸は、あくまで個人的な好みではあるが、アタリハズレが激しい作家である。「六番目の小夜子」「光の帝国」「MAZE」「ネクロポリス」「ねじの回転」「夜のピクニック」みたいな傑作があるかと思えば、少々ハズレかなと思う系統のも…

韓国・朴大統領、いきなりの下野・退陣表明なれど、、、むしろ長期戦狙い、泥沼化か。

街角のテレビやラジオが伝えてくれたニュース。 みなさんもご存知のように、お隣韓国の朴槿恵大統領が、弾劾裁判の国会可決直前に、またまた唐突に下野を表明いたしました。ニュースの一報を聞いたときは、事態収拾の為に速やかに下野して国政の空白期間を設…

チェインクロニクル ヘリオスは限界突破できない?

スマホゲームに興味のない人ごめんなさい。 一昨日にリリースされたチェインクロニクル3というゲームをやっています。厳密にいうと、3としてのリリースは一昨日だけれど、ゲームとしては随分と前から続いていて、それを統合して旧シリーズと新シリーズを、…

メルカリ 長男長女とそれ以外では使用率が違うんじゃないの?

先日、ふとした会話の流れでこんな話になった。 「メルカリって、長男長女とそれ以外では使用率が違うんじゃないの?」 ことの起こりは、最近流行りのメルカリのようなフリマサイトで服を買うこと・着ることについての抵抗感が、人によって全然違うという話…

今年初の大雪に見舞われる。

今日は、季節外れの大雪に見舞われました。 皆さんご存知の通りで、観測史上初の早さでの関東地方での大雪だそうで、身体の芯まで冷えてしまいました。こんな日は早めにお風呂に浸かった方がいいのでしょうね。ホテルの部屋で、早い時間にお風呂に浸かりまし…

『ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年め 』 小栗左多里著

なかなか寝付けなくて、本棚から随分と前に買っていた本を引っ張り出す。 小栗左多里とトニー・ラズロの国際結婚夫婦の日常漫画の、何作目かの一冊だ。 最初は日本に住んでいたのだけれど、だんだんと海外の文化体験記みたいなていになり、そのまま海外、こ…

『聖☆お兄さん』ついに実写化

ついに、というか、いよいよというか『聖☆お兄さん』が実写ドラマ化だそうです。 公式ツィッターでの発表なので間違いないところですが、、。 正直、うーーーんと思うところもあり。劇場で映画も見てるのであえていいますが、あれはあれで微妙でした。アニメ…

福島地震の後に津波発生中。全員無事な避難を祈ります

福島は大丈夫であろうか。 福島沖で起きた大地震と津波。 つけっぱなしのテレビから流れてくる「直ちに避難してください」というアナウンスで目が覚めた時には、本当に驚いた。今もまだ胸が苦しい。「津波が襲ってきます」 「第二波が襲ってくる可能性があり…

ワールド・トリガー休載決定⁇

『ワールドトリガー』という漫画がある。 週刊少年ジャンプに蓮意中のSF作品で、実は個人的に今一番押している漫画がこれだったのだけれど、あろうことか作者の体調不良で休載が決定してしまった。先週の休載で嫌な予感がしたが、まさか本当にこうなってしま…

グイン・サーガの新刊140巻が出る

待ちに待ったグイン・サーガの最新刊の発売日が確定いたしました。お話的にも、グインが捨てられた我が子を助けに行くというお話で、盛り上がること間違いなし。非常に楽しみです。 (追記 下記で読書感想書きました) 『グイン・サーガ140 ヤーンの虜』宵野ゆ…