読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流行語大賞が相変わらず偏向しすぎ

時事問題

ニュース引用、今年の流行語大賞についてですが、、、、

今年はひどい年だったんだなぁ、というのがよくわかるラインナップ。思い起こせば、年明け早々のベッキーのゲス不倫から始まり、舛添さんに、都知事選、センテンススプリングetc。

はっきり言ってロクなのがない。

SMAP解散もファンからすりゃ堪らないにニュースだったに違いない。

けれど、そんな中でひときわ異彩を放つのは、やはり、保育園落ちた日本死ね、ですね。こんなの流行語大賞に押しますかね。

去年のノットアベ、アベ政治を許さないとか強行採決とかと一緒で政治的な胡散臭さを感じずにはいられません。

普通に考えれば、どうしてオリンピック関連のものがないかなぁ。あれは、結構盛り上がってたと思うんだけれどねぇ。

 

「「「
流行語大賞候補に「PPAP」「神ってる」「SMAP解散」などがノミネート
ピコ太郎拡大写真
 「2016ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語30が17日、決定した。12月1日にトップテン、年間大賞を発表する。

 芸能関連では、年内に解散するSMAPの「SMAP解散」、「M―1グランプリ2015」王者で大ブレイクしたお笑いコンビ「トレンディエンジェル」斎藤司(36)の「斎藤さんだぞ」、世界的に反響を呼んでいるピコ太郎のヒット曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」などが選ばれた。

 スポーツ関連は、今年25年ぶりにリーグ優勝をした広島・緒方監督の「神ってる」や、リオデジャネイロ五輪で話題となった「ジカ熱」、20年東京五輪へ向けた「アスリートファースト」など。その他には、社会問題となった「歩きスマホ」「ポケモンGO」、「盛り土」などが上がっている。

 ◆ノミネート30語は以下の通り

 アスリートファースト/新しい判断/歩きスマホ/EU離脱/AI/おそ松さん/神ってる/君の名は。くまモン頑張れ絵/ゲス不倫/斎藤さんだぞ/ジカ熱/シン・ゴジラSMAP解散/聖地巡礼/センテンススプリング/タカマツペア/都民ファースト/トランプ現象/パナマ文書/びっくりぽん/文春砲/PPAP/保育園落ちた日本死ね/(僕の)アモーレ/ポケモンGO/マイナス金利/民泊/盛り土/レガシー

」」」