読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅先のホテルで、本を忘れてくることってないですか?

 

……やってしまいました。

旅先のホテルで、買ったばかりの読みかけの本を忘れてきてしまいました。

たまーーに、これ、やるんですが、皆さんはそんなことないですか。読み終わった本だったり漫画をもう一度読み返したりしないだろうし、荷物が重いからと意図的に捨ててくるのではなくて、うっかり読みかけの本を忘れてしまうことってないですか?

 

友達に言うと、そんなこと有り得ないと言われるのだけれど、電車に乗ったら電車の切符はどこかへゆくし、傘なんて買ったその日に帰りはもうどこで無くしたかもわからないくらいにどこかで置き忘れてしまうのがデフォルトな私なのでした。

痴呆だとかそんなわけじゃなくて、若い時からそうなのだけれど、本は痛いなぁ。

 

ちなみに忘れたのは、北方謙三の「岳飛伝」。梁山泊の相方を描いた「水滸伝」から「楊令伝」と読み継いできて、いよいよ「岳飛伝」でしたが、いまいちのめり込めないなぁと言ってるうちに、ホテルでロストございました。

北方「水滸伝」なら、そんなことは絶対になかっただろうし「三国志」でもなかったと思うんだけれどなぁ。

 

岳飛伝 1 三霊の章 (集英社文庫)

岳飛伝 1 三霊の章 (集英社文庫)