読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『君の名は』中国公開初日だけで8億!

映画 時事問題

新海監督の映画『君の名は』がいよいよ中国で公開され、初日だけで8億円の興行成績をあげたそうです。

素直に凄いなぁと思いましたし、他の皆さん同様に、そりゃあハリウッドもボリウッドも中国市場を無視できないし、商業的には中国に寄り添った映画も増えざるを得ないなと思いましたよ。

 

今までいろんなニュースで、中国の市場規模の持つ魅力は大きなリスクの上でも捨てられないのが経済界の正直な声だというのを聞いてきました。数値としては確かにそうです。しかし、そうはいっても中国に進出したら、技術は盗られるし、従業員のストライキは強烈だし、コネや賄賂がないと手続きは動かないし、撤退しようとしてもできないし、あの国に深入りするのはリスクの方が多すぎると思っておりました。市場規模がいくら大きいといっても、リスクの方が大きすぎやしないか、と。そんなに魅力的なのか、と。

 

けれど、このニュースで、市場規模の魅力というのを実感しました。

8億円の興行なんて、日本映画市場で考えれば、よほどのヒット作が数週間かけてやらないと達成できない数字ですよ。それをあっという間に一晩で達成してしまうわけですから、これはシャレになりません。

多分今日明日の3日で20億くらいいってしまうんでしょうし、とんでもない規模ですよ。しかも、日本と中国では売り上げの配分などが全然違います。あちらの方が圧倒的に作り手サイドに実入りがよくて、配給会社、制作チームへの取り分が大きいです。

そういうことを考えると、日本は映画に関しては中国へ売り込んでいくのもありかなと思いますね。

製造業やら飲食業みたいにあちらに店を構えて工場作ってなんていうとまだまだリスクが高すぎそうな気はしますが、コンテンツの売り込みというのはもっと積極的にかけてもいいんじゃないかなぁと。

 

まぁ、いうて、僕自身はまだ『君の名は』は見てないんですけれどね。『聲の形』と迷って『聲の形』に行き、『シン・ゴジラ』と迷って『シン・ゴジラ』に行ってしまった今年後半でした。

 

www.recordchina.co.jp