読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『いまさら翼といわれても』米澤穂信著

高校生が主人公の、日常の謎系の草分け的存在のシリーズ最新刊が出ております。

構成的には、今回も短編集で、折木奉太郎千反田えるらを中心に据えたお話となります。
牧歌的なお話や日常の中に混ぜ込まれる、割合とビターな読後感は、流石イヤミスの米澤さんでもあります。『ボトルネック』や『犬はどこだ』を書いた方だけのことはあります。

読み始めた時は、気恥ずかしさが先に立ちましたが。読み終わると意味深なタイトル含め、しっかりと古典部の世界に浸っておりました。
「私、気になるんです!」
のえるさんの悩み。
「やらなくてよいことはやらない」
がモットーの折木奉太郎のこのモットーの原点は何か。
漫研の分裂の裏側に隠されたはかりごとは何か。
いずれもなかなかに味わい深いです。

 

いまさら翼といわれても

いまさら翼といわれても